材質で選ぶ!用途に合ったネジの材料の選択

頑丈で一般に広く普及!丈夫な金属製のネジ

ネジは、機械部品の代表的な存在です。普段から機械を手にする人が多い人は、ネジについて詳しいことを知ってみる価値が十分にあるでしょう。ネジについて詳しくなると、もっと機械を上手くメンテナンスすることができます。ネジに用いられている材質で基本的であるのが、鉄やステンレスです。これらは高い強度を持つため、頑丈に部品を組み立てられるものとして、一般的に広く普及して、部品組立のために簡単に手に入れる事ができます。

導電性に注目!真鍮製のネジが使われるポイント

金属のネジであっても、用途によって使用する材質に違いがあります。金属の伝導性を注目して使われるのが真鍮です。真鍮は電気を通す性質を持っています。そのため、電気配線を接続する際に使用するネジとして、一般的に使用されています。また、腐食に強いという事も真鍮ネジの特徴であり、鉄などでは錆びやすい部分に対して、組立の部品などの用途で使われています。真鍮のねじを適材適所で使うと、確かな部品組立ができるでしょう。

軽量で便利!樹脂製のネジの普及

樹脂の成型技術が向上したことで、ネジの形状を持った樹脂を作ることができるようになりました。樹脂の素材でできたネジの特徴は、非常に軽いということです。金属は重量が重いため、部品組立には適さないケースもあります。軽量化には、樹脂製のネジが活躍できるでしょう。また、薬品に対して優れた耐久性を持つという事も、樹脂製ネジのメリットです。さらに、電気を通さないことから、絶縁が必要な部分のネジとして、利用する価値があります。

ねじの販売を行っている通販サイトでは必要な量だけを注文することが出来るので無駄な費用も最小に抑えられます。