これだけは注意しておきたい解体工事のあれこれ

解体工事の相場はわかりにくい!?

建物を解体するときに一番気になるのはやはりどのくらいのお金がかかるかですね。もし、解体後に新築住宅を建てるのであれば、できるだけ解体工事に費用は使いたくないと思うはずですし、費用がわからなければ今後の資金計画も立たないからですね。解体工事の相場は木造住宅で1坪2万円ぐらいと言われています。鉄筋であれば3万円、RC住宅であれば4万円です。ただ、これらは何ら障害物がなかった時にかかる費用ですので、実際にはもっと費用が掛かってしまうことがあるんです。

解体工事の障害物とは何か

では、解体工事の障害物とは何でしょうか。解体工事をする時一番条件が良い家は周りに建物が建っておらず、車の通りも人通りもない家です。完全に田舎の田んぼに囲まれたような場所をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。つまり、人や車、電柱や電線、ガードレール、隣の家などが障害物になります。全部を解体する場合には、最初は人海戦術で解体工事をしていき、躯体だけが残ったら重機を使っていきますが、そもそも重機が使えない場所もありますのでその時は手作業になります。

時間がかかる分お金もかかる

解体工事で費用が掛かりやすいのはどれだけ手作業の割合が高いかという点です。手作業の場合にはそれだけ人数をそろえなければなりませんし、人数が少なければどうしても工事に時間がかかってしまい人件費がかかってしまうからです。また、電線や電柱が建物の前にぶら下がっている場合もあります。特に雑居ビルを解体する場合にはよく見られる光景ですが、一度電線に流れる電気を止めてもらい、それから作業をする必要が出てきます。障害物の多い建物の場合には、相場よりも余分に費用が掛かることを覚悟しなければなりませんね。

中古の建機のオークションを利用すると、まだまだ利用することが出来る良質な建機を安く手に入れることが可能です。