収納家具に有効!金具のメンテナンスや追加

収納で扉が閉まらない家具のために!金具緩みチェック

家具は、収納のために役立つ身近な道具です。しかし、使い古してくると、次第に各部に傷みがでてくることでしょう。特に心配であるのは、家具の金具部分の問題です。家具の扉の開け閉めがうまくできず、収納に不便であるのは、金具が緩んでいる可能性があります。まずは、取り付けが緩んでいないかどうかチェックする必要があるでしょう。多くの金具は、釘やネジで固定されています。それらが少しでも緩んでいないかどうか確認してみると、問題が解決できるかもしれません。

試行錯誤で解決!収納できない家具の金具交換

扉が閉まらなくなった家具で、収納が不便になった原因は、金具自身が磨り減ってしまっていることも要因としてあります。金具が磨り減ってしまったら、交換することが必要でしょう。ただし、家具に使われている金具の部品が、新たに手に入るとは限りません。家具の扉の大きさや収納の方法によって用いられている金具も、種類が異なっています。しかし、上手く試行錯誤すれば、元の形の金具でなくとも収納が可能になるということは十分にあります。

新たな金具の追加!?収納家具のオリジナルカスタム

家具の収納スペースには、元から扉がついていないものもあります。しかし、そこに扉が欲しいとき、家具のカスタムを行ってみるのもいいかもしれません。新しい扉を取り付ければ、家具の収納がもっと便利になるでしょう。新しい扉の部材と金具を用意すれば、新しく家具をアレンジする事も可能です。多少、DIYの心得が必要なこともあるものの、自身の手で金具を使い家具をカスタマイズして、収納で使いやすく調整できるというのは、大変魅力的です。

金具とは、ドアノブや錠をはじめ、物と物を連結させたりするときに使用する金属製の部品のことをいいます。