どのように固定する?フックの設置の活用方法

しっかりと固定!重量物も支えられるネジ式フック

フックは、物を片付けたり、あるいはすぐに使えるよう保管しておくのに便利なグッズです。しかし、物を吊り下げて利用することが多いため、しっかりと壁に取り付けておかなければなりません。壁へ取り付けて活用するためのフックは、取り付け方を考える必要があるでしょう。しっかりとした強度が確保できるのが、ネジ式のフックです。壁の奥深くにネジを差し込んで固定するため、多少重量のある物であっても、しっかりとぶら下げることが可能です。

住宅で活用!住宅壁や天井にアンカーでフック装着

住宅の壁や天井は一般的に、内部が中空になっているケースが多いです。薄い板で壁が隔てられていて、中までしっかりと建材が詰まっているわけではありません。そのため、長いネジ式のフックではしっかりと固定することができないのです。この場合には、アンカーを壁内部に取り付けることにより、フックを固定することができます。中空の壁や天井に対してでも、比較的しっかりとフックを固定することが可能であることから、フックの利用場所が増えるでしょう。

壁を傷めない!?シールで固定するフックの形式

場所によっては、壁が傷つけられないケースがあります。そのような時、壁を傷めずにフックを取り付ける方法があります。シールタイプのフックが、このような条件の中で活用擦る事ができるでしょう。粘着性のあるシールを、壁とフックの間に媒介させることにより、フックを壁に装着することが可能です。不要になれば簡単に取り外すことができるというのもメリットですね。壁を傷めないため、どこにでも使えます。ただし強度は弱いため、あまり重いものは使えません。

フックといえばS字タイプが一般的ですがその中でもかなり大きなものから小さいものまで用途によってたくさんの種類があります。