うつ病についていろいろと分かりやすい様に説明していきます

うつ病の症状と接し方について説明します

うつ病は、「五月病」とも言って、季節の変わり目などに発病する事が多い病気です。うつ病になると、自分の殻に閉じこもるようになり、あまり人とは関わらないようになって、部屋に閉じこもったりしてしまいます。夜に起きて、昼に寝る、「昼夜逆転生活」になる事も多いです。うつ病の人には、励ましの言葉をかけると、返って逆効果の時もあるので、うつ病の人と接するには、慎重にしないといけないです。また、無理に外に連れ出す行為もしない方が良いでしょう。

うつ病の一番良い治療法について説明します

うつ病の一番良い治療法は、良い精神科や心療内科の医師にかかって、良い抗うつ剤を飲み続ける事です。抗うつ剤を飲み始めると、直ぐに効果が現れる人もいれば、2週間後位から効果が現れる人もいます。抗うつ剤の効果がでるのは、人それぞれで、中には、全く効かない人もいます。抗うつ剤は、医師の指示に従って、きちんと決められた時間に飲まないと、効果が出ない事が多いです。そして、人によっては、合わない抗うつ剤もあり、そんな理由で、良い医師を選ばないといけないです。

抗うつ剤を飲んでも全然効かない場合の処置について

うつ病の治療で、抗うつ剤を飲んでも、全然効かない人もいます。そんな人は、かかりつけの医師に相談しないといけないです。また、他の医師に、セカンドオピニオンを求めるのも良いでしょう。良い薬を飲んでも、日頃の生活習慣が悪ければ、薬が効かない場合もあります。ストレスが多い中で生活していると、そのストレスの方が強くて、薬が効かない場合もあります。また、栄養分がきちんととれていない場合にも、薬が効かない場合があります。

うつ病チェックは、主に心療内科や精神科で行うことができます。また、自分でインターネットを通して簡易的に行うこともできます。