目元パッチリ!美容整形であなたも目力を!

二重まぶたにする方法って?

アイラインを引いてもアイシャドウを塗っても、まぶたに隠れてしまう、とお悩みの方は二重を目指してみませんか?二重まぶたにする整形で、主に埋没法と切開法というものがあります。どちらにもそれぞれのメリットがありますが、自分にあった方法を選ぶことが一番大切になってきます。そこで今回は、埋没法のメリット・デメリットと切開法のメリット・デメリットについてご紹介しますので、二重整形をご検討中の方や、少しだけ興味があるという方でもぜひご参考になさってみてください。

埋没法で二重にするには?

まず二重整形で一番ハードルが低いといわれている方法は「埋没法」とよばれるものです。この方法の魅力は、なんと言ってもメスで切らないため手術痕が残りにくいということです。まぶたの裏側から医療用の細い糸で好みの二重ラインになるように固定する方法なので、体への負担も少なく、腫れも2日ほどで消えてしまうため、忙しい方などにもオススメです。手術時間も10分から長くても30分で終わりますし、その分料金もお手ごろなところも人気の理由の一つです。

切開法で二重になるには?

反対に、「切開法」という方法がありますが、これは読んで字のごとく、まぶたをメスで切って二重にする方法のことです。希望する二重ラインにあわせてまぶたをメスで切って、医療用の糸で縫いつけるのです。切開法の中にも「全切開法」と「部分切開法」というものがありますが、全切開法のほうがまぶたが厚く、脂肪が多い人により適している方法になります。いずれにせよ、まぶたを縫い付けてしまう方法なので、一度二重を作ったら、一重に戻ってしまう心配はありません。

女性のデリケートな悩みはコンプレックスに繋がってしまうことも多いものです。もし、小陰唇の整形をしたいのならば專門の医療機関に相談んしてみると良いでしょう。