統計上、日本人の多くが包茎って本当なの?

包茎にも色々な種類があるぞ!

統計上、日本人の多くが包茎というのは、数字で出ていますが、その包茎にも色々な種類があります。もともとペニスには、外部から守るために小さいころは、皮を被っています。それが成長するとともに、必要なくなり、また、子孫繁栄のために皮が剥けてきますが、その皮が剥けていない状態を包茎と言っています。包茎には大きく分けて種類あり、仮性包茎と真性包茎があります。それぞれに特報がありますが、日本人の多くは仮性包茎と言われています。

真性包茎ってどんな問題が?

真性包茎は、常に皮が被っている状態で、勃起時などでも皮が剥けない状態です。そのため極度な勃起状態になった時は、皮が張るために痛みを感じることもあります。また、亀頭部分と皮がつながっているために、尿素や垢が貯まりやすく、不衛生で病気などの発症の鯨飲にもなっています。真性包茎の場合は、セックスも難しいために、余分な皮を切除する手術が必要となってきます。入院などの必要はなく、通院だけで済みますが、一か月ぐらいは、術後の傷の痛みよりも亀頭部分の擦れる痛みがひどいです。

仮性包茎ってどんな状態?

仮性包茎には、色々な種類がありますが、簡単に言うと勃起時や通常時でも皮が剥ける状態です。そのためセックスなどの性行為には、特に問題にはなりませんが、常に皮が剥けている状態でないために、亀頭部分などに垢などが貯まりやすく匂いが発生することがあります。常に清潔にしている意識が必要です。また、セックスを行う時には、余分な皮が挿入時に、膣に巻き込む可能性があるために、皮をしっかりと剥いた状態で挿入しないと相手の痛みの原因にもなります。

成人男性の包茎は多くの場合、世紀に対して包皮が長いことが原因です。そのまま放置すると性器と包皮の間に汚れが詰まって不潔になるので、こまめに洗浄を行うように心がけます。