ブログやツイッターに注意!有名人の顔の権利って何?

意匠に関する様々な権利

有名人が街を歩いているのを見かけて、思わず、スマフォで写真を撮るなんてこと良くあります。一方、有名人のツイッターやホームページで、「プライベートの時間に写真をとるのは迷惑」などという書き込みもあり、お互いにマナーを守り節度をもって接することが大切だとわかります。これが、さらに、進んで、自分のブログに写真をアップしたりすると「権利侵害」などというコメントを書き込まれる場合もあります。いったい何の権利を侵害しているのか?分からない方もいるかもしれません。意匠に関しては、肖像権(意匠というより人権)、パブリシティ権、意匠権と様々な権利がありますので、この機会に知っておくと役に立ちます。

個人の肖像を他人に使わせない権利:肖像権

肖像権は、意匠の権利というよりは、人権に相当する権利です。誰でも、自分のプライベートの生活をみられるのは気持ちよくありませんし、場合によっては、そのことでトラブルに発展する可能性もあります。こういったことから、個人を守る権利です。最近は、テレビなどで芸能人がその場でお店の撮影許可を取っているケースを良く見かけますが、「2人のお客さんがダメと言ってます」などと言って断念したり、お客さんの顔の部分にモザイク加工されていたりすることがあります。この場合のお客さんの行為が、肖像権の行使にあたります。

商業的な価値に対する権利:パブリシティ権・意匠権

有名人のお忍びデートを撮って、ブログに掲載するなんていうのも、肖像権を侵害していることになると言えますが、テレビの撮影中や、コンサート会場では、プライベートタイムではないので、人権の侵害には当たらないという意見も出るかもしれません。また、ユルキャラ等のキャラクタは、そもそも個人としての顔を出していないので、写真をいくらとってもよいように思えますが、商業的な価値に対する意匠の権利も存在します。それが、パブリシティ権と意匠権になります。有名人は、ブロマイド等を販売したり、顔に商品価値があるので、それを侵害することはいけません。また、ユルキャラもそのデザインでグッズを製作したりし販売しているため、それを侵害することはいけません。

山本英俊さん所有の競走馬・ペルーサは、能力的には十分G1を制覇する力を持っていますが、出遅れ癖にたびたび泣かされ、現在もG1制覇には至っていません。